バイブレーターの種類

アダルトアイテムMTSmoreバイブレーターの種類
    • ディルドゥ型

      ディルドゥ型

      勃起時の陰茎大の本体付け根に操作部があるタイプで、主に膣や肛門に挿入するために 使用します。肛門用のものは比較的細身で動きも緩やかです。
      モーターと錘(またはカム)により震えるようにできており、中には全体が屈伸したり表面 の凹凸が変化したりするなどの複雑な機構を備えた物もあります。

    • カプセル型

      カプセル型

      一般にピンクローター、または単にローターと呼ばれる物で、カプセル状に小型化した振動部で陰核や乳首などを刺激し快楽を得るため用いられます。なかには、カプセル部分を膣内に挿入する使用者もいるが、ローターは膣への挿入を想定して設計・製造されたものではなく、カプセル部分は防水構造になっていないため、膣挿入する時はコンドームに包むとよい。

    • ハンディー型電気マッサージ器

      ハンディー型電気マッサージ器

      肩や腰などをマッサージするハンディー型電気マッサージ器を性具として使用する。
      アダルト用語では略して「電マ」と呼ぶ。直接男女の性器などの性感帯にあてて使用する。マッサージ器の先端部に専用のディルドなどを取り付けて女性器に挿入することもできる。
      専用のバイブレーターよりも強力な振動を味わえる。

    • バイブにはコンドームを被せよう

      バイブにはコンドームを被せよう

      衛生面から、バイブにはコンドームを被せて使うことをおすすめします。
      ローションを膣にたっぷり塗り、バイブをこすりあてバイブも濡らして使いましょう。
      特に先っぽのほうはたっぷりとローションをつけて下さい。

    • ローションを使おう

      ローションを使おう

      一人でバイブを使う場合はローションを使いましょう。
      ローションをつけずに挿入すると、中の肉にひっついて剥がれないなんてことも!ローションを使った方が感度も上がりますのでお勧めです。

    • はじめは弱い振動から

      はじめは弱い振動から

      本体のパワーは最初から強くしないようにしましょう。予め操作方法をご確認下さい。
      最初は弱からならしていきましょう。
      フリッパーがクリトリスにあたるまでゆっくりと挿入しましょう。
      クリトリスに当たるところで好きなパワーに変更しましょう。

    • ゆっくりとバイブを動かそう

      ゆっくりとバイブを動かそう

      膣の中でゆっくりとバイブをまわし、気持ち良いスポットを探しましょう。
      気持ちいい部分が見つかればどんどんパワーを上げていきましょう。
      時々バイブを上下に動かしたり、回したり繰り返し触っていると、少しずつ感度が 高まっていき、そのままイクことができます。

カテゴリ一覧

ページトップへ